【考察】バイクから電源を取らなくてもグリップヒーター使えるんじゃね?【バイク用品】

自動車・バイク

はじめに


PanTom2ndです。

これまでの記事でも書きましたが、私は指先の防寒対策として

伝熱グローブ

を使用しています。

 

私が使用しているのはこちらの商品なのですが、

防寒機能に関しても非常に満足しています。

レビューに関してはこちらの記事で行っています。

 

しかしながら、全てにおいて満足というわけではありません。

操作性の悪さ
バッテリー式による重さ
というネガティブな点も抱えています。
 
これは私の使用している伝熱グローブがインナーグローブであるためです。
 
そのためこの商品自体は通気性があり、グローブを二重にして使用する必要があります。
 
インナーグローブを選択したのは、その他のグローブのデザインがいまいちだったからです。
 
また手首の辺りにバッテリーが装着されるので、重さを感じます。
 
 
そのため、操作性と防寒性を兼ね備えた商品の検討をしたことがあります。
 
それがこちらの記事なのですが、
 

結論としては、現在使用している伝熱グローブをそのまま使用することにしました。

給電式の伝熱グローブは思ったよりも高価である
グリップヒーターはUSB電源の設置が必要である

と判断したからです。

しかしながら

今日はバイクで通勤しているときにふと思ったことがあります。

 

現状のままでグリップヒーターを使用できるのではないか?

 

今回はそれがどういうことなのかを検証してみたいと思います。

 

グリップヒーターは2種類に分かれる

 

簡単に通販サイトで調べてみるとグリップヒーターは

バッテリーに直接取り付けて給電
USB電源から給電

の2つの方式があるようです。

バッテリー直接取り付けのものは12V用のものが多いようです。

USB電源に接続することで給電するタイプの方は12V用と5V2A用のものがありました。

 

私はこの5V2A用に目をつけました。

これならば

モバイルバッテリーでも対応できるのではないか

と考えたからです。

 

私が伝熱ベストで使用しているモバイルバッテリーを紹介します。

この商品の出力電圧は5A/2Aです。

そのため5V2A用のグリップヒーターの規格に適合します。

またUSBポートが2つ備わっているので伝熱ベストと同時接続が可能です。

この商品はモバイルバッテリーでも使用できそうです。

レビューの中にはそのような記載をされている方もいました。

値段も3000円台とリーズナブルなのではないでしょうか。

心配なのはバッテリー直繋ぎのものよりも電力源が弱いので、温度が低いのではないかということですね。

 

最後に


今回調べてみて、これは実際に使えそうな気がしてきました。

そのためこの商品を購入してみたいと思います。

商品が届き次第、またレビュー記事を書いてみたいと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました