【GPX感を無くす!①】フロントフォークのエンブレムプレートを外しました!

自動車・バイク

何か分からないバイクにしたい!


PanTom2ndです。

今回はLEGEND150FIの持つGPX感を無くそうと思い

フロントフォークのエンブレムプレートを外すことにしました。

 

「このバイクは何?」はGPX乗りの誇り?


2021年10月に納車されたGPX LEGEND150FI。

購入当初の完全純正の状態が懐かしいです。

パッと見で

SUZUKI グラストラッカー

に似ていると言われることもあります。

細部に目を向けると

フロントフォークのGPXエンブレム
ガソリンタンクのLEGENDエンブレム
排気量を示す「150」のステッカー

などがあり

GPXというマイナーメーカーや

150ccという絶妙な排気量が分かってきます。

このバイクを初めて見た人には

「これはどこのバイク?」

と聞かれることが多いですが

そこには

知る人ぞ知るバイクに乗っている特別感

国産4大メーカーではない疎外感
の両方が共存します。
 
個人的な思いを書かせてもらうと
 
私の場合は後者の方が強めですね。
 
〜ここまでのまとめ〜
LEGEND150FIはグラストラッカーに似ている?
GPX乗りの心境は複雑
 

GPX感はどこにある?


ではここからは

冒頭にも書いている

GPX感

はどこから生まれるのかを確認したいと思います。

そもそもGPX感とは簡単に言うと

メーカー名や車種を特定することのできる部分

のことをこのように呼びたいと思います。

ではどこにGPX感があるのかというと

①フロントフォークのエンブレムプレート
②サイドカバーのステッカー      
③ガソリンタンクのステッカー     
④タコメーターのGPXロゴ        
⑤エンジンカバーのロゴ        
⑥シートのLegend刺繍        
の6箇所ですね。
 
ここでは1つずつ確認したいと思います。
 
①フロントフォークのエンブレムプレート


今回の本題である

フロントフォークのエンブレムプレート

正面から見るとかなり存在感のあるパーツです。

取り外し作業に関しては

後述したいと思います。

②サイドカバーのステッカー

サイドカバーのステッカーは両側についています。

どちらも

排気量を表す
「150」

と言う数字です。

薄いステッカーで簡単に外すことができます。

 

 

 

 

 

 

③ガソリンタンクのステッカー


ガソリンタンクにも

左右両側にエンブレムが貼られています。

LEGENDの「L」ですね。

YAMAHA ドラッグスターのエンブレムに

似てなくもないような…と言う感じですね。

こちらは柔らかい素材でできているので

丁寧に外せば

ステッカー糊を残さず外すことができます。

私はステッカー剥がし用品を使用しました。

ステッカーやエンブレム類を外すと

このような感じになります。

④タコメーターのGPXロゴ


タコメーターにもGPXのロゴがあります。

こちらは大きくありませんし

バイクのシルエットには影響ありませんので

残しても問題ない気がしますね。

消してしまうのであれば塗料剥がし剤であれば

実現可能かもしれませんね。

⑤エンジンカバーのロゴ

GPX感のあるパーツで

最も厄介なのがこのエンジンカバーです。

カバーが白く塗装されているので

塗装を剥がすか
黒く塗装をするか

の作業が必要になります。

こちらの作業に関する記事はこちらです。

近日公開!ご期待ください!
⑥シートのLegend刺繍 


案外見逃してしまうのが

シートの刺繍です。

 
そこまでGPX感があるわけではありませんので
 
気になるものでもありませんね。
 
シートの張り替えor交換
 
で対応ができますね。
 
〜ここまでのまとめ〜
GPX感があるのは
①フロントフォークのエンブレム
②サイドカバーのステッカー  
③ガソリンタンクのステッカー 
④タコメーターのGPXロゴ    
⑤エンジンカバーのロゴ    
⑥シートのLegend刺繍    
大体が簡単に対応可能
 

フロントフォークのエンブレムプレートを外しました。


ではここからは本題の

フロントフォークのエンブレムプレート外し

について書いていきたいと思います。

このエンブレムプレートは

プレート上部の
3つの六角フランジボルト
 
で留められているのみですので
 
取り外しは簡単です。
 
真ん中のボルトは外してしまうと
 
ライトが動きやすくなってしまいますので
 
プレートを外した後は
 
再びボルトをつけた方が良さそうです。
 
 
ということで
 
エンブレムプレートを取り外したのがこちらです。
 
 
どうでしょうか。
 
少しフロントフォークの隙間が
 
大きくなってしまったのが
 
気にならなくもないですが
 
案外スッキリしていて良いのではないでしょうか。
 
〜ここまでのまとめ〜
プレートは六角フランジボルト3つで留まっている
取り外し後の印象も良好
 

作業を終えて。


以上、

GPX感のある部分の確認
フロントフォークのエンブレムプレート取り外し

に関する記事でした。

私としては作業を重ねるたびに

LEGEND150FIが洗練されていくように感じられて

満足しています。

案外簡単に取り外すことのできるものも多いので
 
気になる方は取り組んでみてはいかがでしょうか。
 
 
 
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました