LEGEND150FIにヘッドライトグリルは付くのか?仕様を確認しました。

自動車・バイク

はじめに


PanTom2ndです。

 

年末の記事ではこれからカスタムをしたいと考える6つのことについて書きました。

そこで比較的容易にできるものとして

ヘッドライトグリルの装着

を挙げました。

 

今回は実際にそれを行うことができるのか、LEGEND150FIの環境を確認したいと思います。

 

LEGEND150FIのヘッドライト周りは?

 

ちょっとメジャーが歪んでいますが、ライトの直径は160mmです。

グリルを設置するであろう、ヘッドライトの取り付け部分までの長さは約40mmです。

ここにステーを取り付けます。

内側につけるか、外側につけるかどうなるのでしょうか。

 

この部分をうまく外れるか一度ネジを取ってみたのですが、海外製特有の?歪みが少しありネジを戻すのが大変でした。

 

こんな感じでフロントフォークについています。

微調整するには一度ウインカーを外す必要があります。

ちなみにライト下部もボルトで留められています。

ここを外すにはGPXのエンブレムを外さなければなりません。

 

規格にあった商品を探します

 

ということでこの仕様にあった商品を探してみたいと思います。

KIMISS 汎用 オートバイ耐久性のあるヘッドライトグリルカバー ほとんどのバイク用((クロスバーカバー))

Karun 汎用 汎用 バイク ヘッドライト ガード カバー 直径160mm カスタムバイク (タイプ2 ガードのみ)

 

どれもヘッドライトのサイズは適合するのですが、ステーの長さが長すぎるものばかりでした。

ステーが流すぎるとヘッドライトと隙間が生まれてしまって浮いてしまいそうで心配です。

最も短いものでKarunの50mmだったのですが、これぐらいなら許容範囲でしょうか。

 

ということで、購入するとしたら

Karun 汎用 汎用 バイク ヘッドライト ガード カバー 直径160mm カスタムバイク (タイプ2 ガードのみ)

こちらの商品になりそうです。

 

さいごに

 

バイク選びの時もそうでしたが、

あれがいいかなぁ
こっちもいいなぁ

と頭の中であれこれ考える時間が楽しいですよね。

 

色々な妄想をしながら、その中でもピタッとハマったものを実現させていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました